study

【保育士になる方法、その2】
保育士国家試験を受験する

保育士の養成校に行かなくても、「保育士」になる方法です。

社会人になって「やっぱり保育士に転職したい」と思ったり、
主婦業&子育てがひと段落したから、「保育士になりたい」と思ったり、
大人になってから「保育士」を目指す方の選択肢のひとつが、保育士国家試験の受験です。

<保育士国家試験のメリット>

●保育士養成学校への通学が不要
●自分のペースで勉強できる
●費用が比較的安くすむ

<保育士国家試験のデメリット>

●受験資格に該当しなければ受験できない
●自分でしっかり勉強しなければならない
●必ず「保育士資格」を手に入れられる訳ではない
●自分で保育実習先を探さなければならない

<保育士国家試験の受験資格>

●大学・高等専門学校(高専)を卒業した者
●大学に2年以上在学し、62単位以上修得した者
●大学に1年以上在学し、年度内に62単位を習得見込みの者
●短大および高専の最終学年で、卒業見込みの者
●高校の「専攻科」(通常過程+2年以上のコース)卒業者
●特別支援学校の専攻科(通常過程+2年以上のコース)卒業者、および年内に卒業見込みの者
●2年制以上の専門学校を卒業した者、年度内に卒業見込みの者
●平成3年3月31日以前に、3年制以上の専門学校を卒業した者
●外国で、14年以上の学校教育を修了した者
●中学・高校を卒業、または同等の資格があり、児童福祉施設で2年以上勤務し、総勤務時間が2,880時間以上勤務した者
●児童福祉施設で5年以上勤務し、総勤務時間が7,200時間以上の者
●平成3年3月31日までに、高等学校を卒業した者
●平成8年3月31日までに、高等学校の保育科を卒業した者

 

※詳しくは、下記をご参照ください。
一般社団法人「全国保育士養成協議会」
https://hoyokyo.or.jp/exam/qualify/detail.html