onnna usirosugata

今の仕事が嫌になってしまうと、
なんだか他の業界がすべて眩しくみえることもあります。

「今の仕事は向いていないのかも」
「他の仕事の方が条件がいいみたい」
などなど、頭の中は色々な思いが巡って、
自然に転職の方向へと導かれることもありますよね。

次の就職先を探すとき、
やはりある程度キャリアを積んだ同職種が有利。
アピールできるものがある方が、転職活動がスムーズに決まっています。
そのような理由から、やはり今までのキャリアと何らかの関連がある転職先を探す人が多いでしょう。

でも、他の職種で働きたいと強く思ったとき、
自分の「天職」について考えます。

「自分は何が好きかな?」
「自分の得意分野はなんだろう?」
・・・と、改めて自分のことを見直します。

でも、これには問題もあって、
真面目に考えれば考えるほど、
何が良いのかもわからなくなってしまうことも。

「転職」を考えているときは二種類。
キャリアアップのために前向きな転職と、
今の状況を変えたくてする転職。
後者は、ある意味、逃げるような感覚。

とくに後者の「現状に嫌気がさしてする転職」の場合、
自信を失ってしまっていることもあります。
その上で、自分さがしを始めてしまうと、
「そもそも自分に向いているものなんて、あるのだろうか?」
と、気が付いたら負のループに入って、臆病になってしまうこともあるでしょう。

だから、「ほどほど」って大切です。

考えていても、やってみなくちゃわからないし、
始めてしまったら、とにかく打ち込んでみるしかない。
著名人だって、「初めは『この会社辞めよう』と思った」という方は少なくないのだから。